読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃とあひるとエブリデイ

いろいろな感想。語彙力を増やしたいな

映画サイレントヒル

映画 ホラー

2006年に公開された映画「サイレントヒル」をDVDで観ました。ゲーム原作ということと名前聞いたことあるな…と気になり借りてみました。

 

全ての出来事のはじまりである、魔女狩りで酷い仕打ちを受けたアレッサの復讐の物語…という印象でした。何の因果か導かれ、サイレントヒルへやってくるシャロンとローズ。いなくなったシャロンを探しサイレントヒルを彷徨うローズは不可解な出来事に巻き込まれる。紐解いていくうちに、シャロンと瓜二つのアレッサという少女が深く関係していると分かってくる。…封鎖された街であるサイレントヒルには、魔女狩りが存在していて、住民が皆魔女を排除しようとしている。

 

この映画、よくわからない真っ黒焦げの化け物が襲って来たり頭部が大きな刃物になっている男が襲って来たり、火あぶりで殺されるシーンなどホラー要素で怖いところはもちろんあったのですが、1番怖かったのは住民の信仰心です。

サイレントヒルのなかで唯一教会だけは化け物に襲われるといった怪奇現象がおこらず、安全な場所だった。教祖様のような女性のことを皆信仰しており、彼女が「こいつは魔女だ」といえばその人は魔女になる…いくら抵抗しても多勢に無勢です。恐怖に陥って頼るところがなくなったら人は、何か信じるものをつくって救われようとする、仕方ないことだけどそれが集合すると怖い。私達が間違っていると感じることも彼らにとっては正しい事なのだから、信じる事で救われるのだから。信仰は狂気と紙一重だと感じました。

 

また、「子供にとって母親は神のようなもの」というセリフがあり、これも、最もな事ではあるのだけど、私は少しゾッとしました。ローズの手助けをして、味方だった女警官のシビルは火あぶりにされ殺されてしまいますが、彼女も死の直前に「ママ、そばにいて」と呟きました。母親は子供にとって神のような存在…うーーん…これ、色んな作品に当てはまりますね。私が観ていた作品ですが、塔の上のラプンツェルだって砂の塔(ドラマ)だって、そうではないでしょうか…。

 

話を戻します( ˘ω˘ )

サイレントヒルのなかで手掛かりをみつけ、真実に辿り着くローズたち。最終的には何も悪いことはしていない自分を魔女だとして酷いことをしてきた教祖様と住民を殺し、アレッサの復讐は幕をおろしました。ここは満場一致でスカッとでした。そしてシャロンとローズはサイレントヒルを出て、家へと帰ります。……

 

ここで、私、ん??????ʕʘ‿ʘʔ2人が家に入ったところで場面が切り替わり、パパが映ります。パパは2人の帰りを待っています。………2人は確かに家に帰ってきたはずなのに??

玄関のベルの音がしてパパは玄関へ向かいますが、誰もいません。とここで物語が終わります。

 

もやもやして消化できずラスト解説してあるブログに頼りました。頼って整理した結果、薄々思ってはいたけれどパラレルワールドのようなところにローズたちはいる、という事で収まりました(笑)

まずパパがローズ達を探しにきたサイレントヒルと、ローズとシャロンが迷い込んだサイレントヒルは別物。ローズとシャロンはそのまま、霧がかかった街の自宅に帰ってきた…。

ではなぜ戻れなかったのか。シャロンが気絶する前、自称死神の女の子と目を合わせたことで一体化してしまった。目覚めてローズに手を引かれて帰るシャロンはもう純粋なシャロンではなく、あちらの世界のものが取り入ったシャロン。だからパパのいる世界には戻れなかった?それか、やっぱり「母は子供にとって神のようなもの」で、ローズに執着した自称死神の女の子が帰さないようにした?

 

また施設でローズがシャロンを選んだところから、それ以上もう何年何年もずっと前からすべての出来事が決まっていたような感じもして、某作品の某キャラクターの受け売りですが「偶然はない、あるのは必然」ってこういうことかな、とも思いました。

 

うーん、難しい〜〜( ˘ω˘ )

解説を見てみると、ローズを襲った化け物達にも意味があるらしく、細かいところまで設定がしっかりしてるなと思いました。ゲーム原作だからかなぁ。よく分からなかったところもあるんですけどね(笑)すごいな、また何年かして見てみたらまた違う感想がもてるかもしれません。

 

 

 

 

映画グラスホッパー

映画

こんにちは( ˘ω˘ )

WOWOWで放送された映画の「グラスホッパー」を観ました。2015年公開、もう2年も経ってるなんて時の流れは早い…。公開当時は映画を観に行けない代わりに原作を読みました(笑)

ということは原作を読んだのも2年前なので、ほとんど内容もキャラクターの名前も忘れてました。蝉がかっこよかったというのは覚えてましたが…( ˘ω˘ )

 

実際映画と小説は違うところが多かったですね。終わり方も映画は「あなた(鈴木)には復讐なんて似合わない」ってちょっとハッピーエンド?な感じでしたが、小説は鈴木も幻覚を見始めたんじゃ…?と思わせるようなゾクッとする終わり方だった気がします。

 

蝉はやっぱりかっこよかったです(贔屓目では決して無い)。山田涼介くんのキャスティング合ってる!と思う。岩西という情報屋と行動を共にしてるナイフを使う殺し屋なんだけど、仕事の後は必ずしじみを買ってぷくぷくなるのを見るのが趣味…と可愛い。可愛いというとちょっと違うけど、「しじみは泡が出るから、生きてるって分かっていいよな」「人間も泡が出れば、生きてる意味が分かるのにな」と殺し屋ではあるけど、純粋な子なのかなぁと思った。

岩西が「雇い主に向かって生意気な口聞いていいと思ってんのか」と言った時、「俺とあんたは相棒じゃねえのかよ」と言うんだけど、個人的にとても好きなシーンでした。

岩西が殺され、「自殺屋」の鯨に仇討ちしに行ったときに「俺が今考えてんのはな、たった1人のダチの事だよ」とも言っていて、蝉にとって岩西は大事な存在だったんだなってことが分かった。

 

ここまで蝉の事ばかり書いてきましたが、正直蝉と岩西のくだりが1番印象的で、それ以外があまり印象に残っていないのです…( ˘ω˘ )

 

登場人物が多かったので、パッと見てこの人だ!とあまり分からず(笑)これは自分が覚えられないからなのですが、鯨と岩西がどっちなのか分からなかったです(笑)

誰が味方で誰が敵なのか頭がこんがらがってしまいました。ただ、裏社会、殺し屋、本名ではない名前(蝉、鯨など)、復讐などの世界観とキャスティングはとっても良い!◎◎◎と感じました( ˘ω˘ )

 

ずっと観てみたかったので観れてよかったです。

 

 

 

 

舞台私のホストちゃんFINAL

猪野広樹 私のホストちゃん 舞台

桃です( ˘ω˘ )舞台「私のホストちゃん」シリーズとっても有名で、興味はあったのですがなかなか手を出せずにいました…

最近気になってきている猪野広樹くんが、シリーズ最新の「私のホストちゃんREBORN」に出演していることもあり、さすがにどんなものか知らないまま応援するのはちょっとなぁ…と言うことで…学校の先輩にFINALのDVDを借りてきました!

 

うっすらと持っていた知識としては、

・お客さんの票でランキングが決まる

・VIP席の人が口説かれる

・染様とちゃんともがレジェンド

という大変ざっくりした情報でした(笑)

 

ここからFINALの感想など書いていきます🌙

突然のラグビー部にまずびっくりしました(笑)ラグビー部試合に負けちゃって、「正直お前ら顔可愛いから高校卒業したらホストになれ!」と監督に言われ、その通りホストになった元ラグビー部の皆さん。もうぶっ飛んでますね。監督めっちゃホストになれって勧めるのツボでした(笑)

そして小川菜摘さん出てたんですね。どえりゃあママで母性が溢れとったでな。ホスト達を実の息子のように愛して、ホスト達も菜摘さんを自分の「ママ」のように感じているという、菜摘さんつよいです。

ぶっとんだストーリーだったけど、沢山詰め込まれててこれ長くね?!と思いました。実際そんなに長くないはず?

 

噂に聞いてた口説きタイムについて

・笑いを取りに行く人と、ガチで口説く人と色々いた

・ちゃんとも演じる夕妃はバリ当たり(辛口な甘王も認める)。見ていて思わずフゥーーー⤴︎と声が出たぐらい(笑)

・抱きしめるのはずるい!

・咲夜の口説きも、内容は忘れたけどかっこいいと思いました

・深雪はひどい(笑)「君はYSPだから…」「YSP?」「ヤってすぐにポーーイ!!!!」口説きとはなんぞや…wwwでも、お客さんにゴメンね!ってやってた

・誰だったか「愛してるって言ってみ」「えっ…(戸惑うお客さん)」「言わねえぞ終わんねーぞ」の流れが面白かったです

 

…DVDを借りる前、今回のREBORNを大阪まで観に行くか迷ってますと先輩に言ったら「ホストちゃんはVIP以外人間扱いしてくれないよ!あと推しが女口説くの観るの辛い!」と言われたのが印象強すぎて今でも覚えてます。VIP以外人間扱いしてくれないの意味が分かりました(笑)

 

本編の感想に戻ります( ˘ω˘ )

2.5次元アイドルとしてデビューした、流星達にスポットが当たる場面。センターとして新しく深雪が参戦することに…深雪のキャラクターがいい感じにウザくて好きでした。

「俺たちはダンスを評価されてここに居るんだ、顔がキャラに似てるってだけで選ばれたお前とは違うんだよ!」と怒りを露わにする流星。喧嘩か…?!と思いきや深雪の「ん????ʕʘ‿ʘʔ」煽りまくってて、でもガチの喧嘩モードになりかけてた空気が一気に緩んで最高に面白かった(笑)

この「ん????ʕʘ‿ʘʔ」がもう一回出てきた。流星が何か言って、深雪の「ん????ʕʘ‿ʘʔ」「いやだから、」「流星流星、…ん????ʕʘ‿ʘʔ」「ん?じゃねーよやめろwww」大好き

 

あと、日本全国色んな地域からのホストがよりどりみどり〜〜!という紹介をするところ。私は流星の福岡弁にやられたんですが、笑いでやられたのは隼人でした。青森は本当になんて言ってるか分からないのと謎のスピード感に笑った(笑)実家に帰ったらあんなふうに喋るのかな、と考えました( ˘ω˘ )

 

さいごに、全体的に、無理矢理ストーリー進められてる感が強かった。でもそういうストーリーでそういう舞台のスタイルなんだと思ってしまえば「えっそれありかよwww」なノリで笑えました😁面白かった!!

 

あっ歌。歌がランキング発表と共にあって、1位がセンターで歌って踊るという。この歌がもう永遠リピートで耳から離れません。

・Give me your love

・あなたの愛でナンバー1

・愛をナメんなよ

の三曲だったはず。あなたの愛でナンバー1が好きです。ナーンバースリー、ナーンバーツー、いよいよ来ーたぜナンバーワ〜〜ン♩( ˘ω˘ )

 

REBORNはまたFINALと違うのかな?同じように1位がセンターで歌って踊るなら、ちょっと猪野くんのそれも観たいかも…とDVD買おうか心が揺らいでいる。

でも収録日は猪野くん2位だったみたいなので、本編にはないなあ…。あっ特典ディスクに1位ダイジェストがあるかも…?!

 

心が揺らぐ桃でした( ˘ω˘ )では〜

 

 

クズの本懐 3話の感想

猪野広樹 ドラマ クズの本懐

まず今期ドラマで1話から観てるのが

・奪い愛、冬

クズの本懐

の2つなのですが、2つともドロドロの恋愛ドラマです。ドロドロ昼ドラ系なドラマ大好き(笑)

 

クズの本懐は原作の漫画は読まずにドラマから観てます。アニメも今放送してるみたいですが観てません。ブログを始めた今日ちょうどよく(?)フジテレビオンデマンドFODのアプリをダウンロードしたので、2週目回ってきました(笑)

 

前置きが長くなりましたが3話『意味深な笑み、微かな匂い』の感想(もちろんネタバレ有り)( ˘ω˘ )

・前回花火に告白してしまったえっちゃんと、告白された花火がそれぞれ振り返るシーン…えっちゃんはずーっと花火のことが好きだったって事が分かった。「なんで粟屋なの」「あたしでいいじゃん…!!あたしでも慰められるかもしれないじゃん!!!」泣きながら伝えてた言葉が、すっごく切なかった。

・一方でえっちゃんのことはずっと親友だと思ってた花火。以前クラスの男子?から告白されたけど「興味のない人間から受ける好意ほど、気持ちの悪いものってないでしょう?」ってこれでもかってぐらいバッサリいってる…これを思い出して、「知らなかった」「他人から受ける好意がこんなに重いなんて」

というか花火もモテるんですね!いい子だしそうだよな〜。親友だった友達から告白されて、この2人もこれから先今までと同じようにいれるのか…すごく気になります。

・麦の家での花火の台詞「あたし、麦のこと好きになりたい」も切ない。そうなれば楽なのに。やっぱりどうしようもなくお兄ちゃんの事が好き。うーんクズの本懐観ると、毎回のように本気の恋してみたいな…とキャラたちが羨ましくなります。

・麦と花火がファミレスで食事していると、皆川先生とばったり会います。なんと男連れ…麦ショック😳この男がタクヤ(猪野広樹)。チャラい男でした。先生は(多分花火に向かって)「お互い、内緒で」と言って去っていく

・お兄ちゃん本命じゃないじゃん!と喜ぶ花火とめっっっっっちゃ複雑な麦

◎猪野広樹さんが好きなので、ちょっと私情が入ります◎

・クズな役とっても良いです(本音)

・誰?と聞いて「生徒さんだからちょっと先に行ってて」と言われて「やだ」と返すタクヤ。この「やだ」の言い方が個人的にベストオブタクヤのセリフ(片仮名多い)

・「ストレス溜まってるでしょ…ガキの子守りで」「久しぶりに癒してあげる」悪い顔しながら先生を誘うタクヤ。「そんなつもりじゃなかったんだけど…明日も朝早いのよ」と返す先生だけど、カメラ移動してくとあら足絡ませてる!そしてタクヤの「相変わらず嘘つきだねえ…せーんせ」ファー大人ーーーー!!!

・猪野くん、クズな、というかチャラいけど大人びててやる事やってるすこしブラックなキャラの演技とってもハマっててかっこ良かった。クズだけどかっこいいと思った…しかもなかなかのやり手な感じがした…女の扱い慣れてる感のタクヤ最高でした(笑)

・今後もちょっと出てきそう???期待ですドキドキ( ˘ω˘ )

 

・先生の事をあんな女呼ばわりされ、麦的にはイライラしていて「お前に茜さんの何が分かるんだよ」と花火を突き放してしまう。花火は花火で、秘密を共有しているし色んな表情だって見せてる麦とは分かり合えた気がしていた…だけど麦はそうではなくて。分かってはいたけど、って感じかなあ。

・花火は放課後廊下で先生と会い「昨日一緒にいたの、彼氏?」と聞く。聞くっていうより問い詰めてた。友達ですって言われたけど、花火はこの女自分がお兄ちゃんの事好きなことも知ってて色々わざとやってるんじゃ…?と疑いと警戒心が混ざったような顔で睨む。

 ・タクヤのシーンとラストのこの↓シーンが3話2大好きなシーンです( ˘ω˘ )

・ラスト、先生が横を通り過ぎていくとき「昨日と同じ服を着てること」と「髪から煙草の匂いがしたこと」に気づく花火。先生の方からのカメラアングルになって、微笑む先生…サブタイトルの『意味深な笑み、微かな匂い』ですね!スローで流れる映像にもゾクっとしました。

・きっと先生は全部気づいているような気がします。自分の可愛さもそれをどう使えば男が落ちるかも全部知ってる女ですね…こえ〜〜〜

 

◎3話も面白かった!物語が本格的に動き出すって感じがしました。先生は本性を現すのか…えっちゃんと花火の関係はどうなるのか…タクヤの出番はまだあるのか…気になる事はたくさんです( ˘ω˘ )

次回予告で一瞬先生とセッしてたのは誰なんだろう?お兄ちゃんなのかな??

とりあえず書きたいことは書けた!(笑)とても長くなってしまったなあ( ˘ω˘ )桃

 

では◎

 

 

 

紹介

自分

はじめまして 桃といいます。

俳優さん、映像作品、本が好きです。感想が書きたいのに、語彙力がないのが悩みです。なので語彙力を増やす練習をしよう!と思いつきでブログを始めました(笑)

 

猪野広樹くん、松田凌くん、菅田将暉くん、佐々木希さんが好きです。

 

壁打ちのような感じで、書きたいときに書いていくようにしたいと思います。自分用メモみたいなノリ📝