ふたりはプリキュア8話が爆エモだった

 プリキュア15周年記念で東映アニメーション公式がyoutubeにて「ふたりはプリキュア」を一挙配信してくれてるので、これは夏休み有効活用して見よう!!と早速1話から見始めました!

youtu.be

 

プリキュア1話のYouTubeURLですどうぞ。

 

本題は、ふたりはプリキュア8話「プリキュア解散?!ぶっちゃけ早すぎ?!」です。どのへんが爆エモだったかというと、大きく

◯渚とほのかが初喧嘩

◯仲直りからの名字呼び→名前呼び

の二点です。ちょっとどうしても書きたくて勢いでここまで来てますので読みづらいこと語彙力のなさ多々あると思いますがご愛嬌…

 

◯渚とほのか初喧嘩

  私これ一挙配信見るまで当時(小1ぐらい?)の記憶OPEDキャラ名以外なかったのでほぼ初見!当時ちゃんと話も理解できてなかったんじゃないかな多分。

 渚はスポーツ万能ラクロス部のエースで勉強は苦手、シホリナちゃん2人の友達と仲良しで、明るくてお調子者のムードメーカー

 ほのかは成績優秀で化学部所属、女の子らしい見た目で月一で告白されるぐらい、理想のデートは図書館タイプ

 

これ、私勝手にほのかはおとなしい子だった気がする…って思ってたんですけど、いや、意外と、おとなしくないぞ????????

おとなしくないというか、隅の方で静かにしてて勉強…読書…みたいな、社交性もあまりない感じかと(ボロクソ)思ってたんですごめんねほのか… 実際は、おしとやかな女の子ではあるけれど嫌なことは嫌と言える芯を持っためっちゃくちゃしっかりした子でした。

突然のプリキュア変身にも「なんだか面白そうじゃない?♡」と乗り気だったし、私、小さい頃はおとなしいタイプ(ツバサ・クロニクルのサクラ姫とか)が好きでその流れでほのかが好きだったような気がするけど、今は当時とはまた違ったところでほのかが一周回ってめっちゃ好きだなと思いました。

 

プリキュアやることになってしまったふたりだけど全っっっ然性格も考えることも正反対、お互い今までいた友達とは違うタイプ。

 ほのかは少しずつ渚のことを「友達」だと認識して行くけど、渚はずーっと「やっぱりあたしと雪城さんじゃ合わないんじゃないかなあ」って悶々悩み続ける。渚けっこう1人で思い込んで悩んで悶々しちゃう、こういうところは渚の方が女子っぽい…(笑)

プリキュアはじめて少しずつ仲良くなりつつはあったけど、やっぱりどこか一線引いてるなって感じるところありました。特に渚に。

 

8話は、その一線を消して「友達」になる話

 

 喧嘩の原因は、ほのかが、渚の片思いしてる先輩(ほのかの幼なじみ)に良かれと思って渚を紹介…しようとした時、先輩も先輩の友達も渚もいるところで「だって、前から話したいと思ってたんでしょう?」って言ってしまったこと。さすがにデリカシーがねえ。

渚は勝手に人がしかも先輩もいる前で遠回しに「先輩のことが気になってた」ことを暴露されて「ありえない!!」って逃げ出します。そりゃそうだ〜

 

たぶん、ほのかは友達が少ない。し、ひとりっ子だから弟のいる渚とここでまた価値観の違いというか、ふたりが「正反対」の人間なんだって思わせるところだった。

ほのかは悪気が全くなくて本当に良かれと思ってしたし言ったので、何が悪かったのかも分からなかった… あんまりそんなやり取りもしたことが無かったから分かんなかったのかなと勝手に納得しました。

 

「あなたなんてただプリキュアってだけで、友達でも何でもないんだから!!!!」

渚に言われたこの言葉でショック受けるほのか…私もなんか…すごく辛かった…涙出てきた…

 小・中学生のころの「友達」観が懐かしすぎ。

いやそれは置いといて、この言葉以外にもずーっと渚が溜めてたこと言われます。

「いつでも自分の考えてることが正しいと思ってるの?」「雪城さんなんかにわたしの気待ちなんてわかるわけない!」…そんな風に思われてたのかっていうのも友達じゃない発言とダブルパンチで心に来ません?私は来ました

 

そこからひどいこと言ったと反省した渚からアプローチ仕掛けるもほのかが避け…ほのかはほのかで自分の中で「私がプリキュアでいる資格ない」と結論出して、ミップルを渚に渡します。すごいすれ違う…、韓国の恋愛ドラマばりにすれ違うふたりです。

 

なんやかんやあっていつもの如く登場するザケンナーとゲキドラーゴ。

珍しく渚が捕まって後からほのかが来るパターンでした。そして変身後ゲキドラーゴほっぽってふたりでおっ始める口喧嘩、めちゃくちゃ好きなので文字起こしさせて下さい。

 

「ちなみに私、モタモタなんてしてませんから!!」

「もおお言葉の綾じゃない、細かいこと気にしない!」

「それに!!いつも自分の考えてることが正しいなんて思ってません!」

「そういう事言ってる時なの?!」

「こういうことはちゃんと話し合わなきゃ…!」

「話し合いで解決しようだなんて優等生の考えそうなことだわ!」

 

 

この口火切るのがほのかなの、渚に劣らず強い女って感じしてめちゃくちゃエモです。そしてね!この後ね!ゲキドラーゴの攻撃を避けながら喧嘩を続けるの、そういうの大好き!

渚がハア…みたいな呆れ顔で「やっぱわたし達って正反対!」、ムッとしてほのかが「そうね、全然違うわ」からの渚「全然違うわね!!💢」「違いすぎるのよ!!!」「腹立つくらいね!!!!」ゲキドラーゴにもふたりで「うるさい!!今大事なお話中!!!!!!!!」ってキレる始末

 

ふたりのこの口喧嘩、声優さん声大丈夫だったかな…?って思ってしまうぐらい激しすぎる口喧嘩で、始終ビックリマークついてる。私ビックリマーク付いてるほのかの台詞の言い方がすんごい好きなので何回も観ちゃう。ゆかなさんほのかに声を当ててくださってありがとうございます…。

 

ちょっと待って思ったより長くなった。

とりあえず以上がエモポイント1つ目の「渚とほのかが初喧嘩」でした(笑)では2つ目〜

 

◯仲直りからの名字呼び→名前呼び

なんやかんやあって(2回目)仲直りします。このなんやかんやの部分是非気になった方は8話見てください。YouTubeにあります。冒頭の1話リンクから再生リストに配信されています。

youtubeの一挙配信は少しずつ配信して行く形のようで、今リンクを貼ろうとしたら8話は消されておりました……。もう一度観たいので配信されてる動画アプリかDVD探してきます!

 

さて、ふたりの仲直りのシーンは、登校前の朝、河原で、座ってる渚を見つけて「…おはよ」って声をかけるほのかから始まる。昨日のゲキドラーゴとの戦いの後ばたばたして、おそろいのプリキュア手帳をお互い間違って相手のを持って帰ってたので、それを返そうというね、すみません眠くなって参りました文章がおかしいかもしれません。

 

「雪城さん?!」と驚く渚に、「これ、……なぎさの……」

「…えっ?」

「…なぎさの、手帳でしょう……?」

 

ここ〜〜!!!!!ここです爆エモポイント2つ目はここ〜〜〜〜!!!!

(記念すべき初めての名前呼びが嬉しすぎて思わず中字にしてしまいましたが声の大きさではなく注目度に従って文字サイズを変えております)

このふたり1話始まって8話の21分まで雪城さん美墨さんの名字呼びだったの、いつ名前呼びになるんだっけ?とか何となく気になってたら、ここ〜〜!!!!!!!!!この8話の!!!!!!喧嘩の!!!!!!あとの!!!!!!仲直りで!!!!!!!名前呼び!!!!!!!!!!最高のタイミング!!!!!!!!!何これ?めちゃくちゃ青春じゃんサイコー

 

この8話の何が最高かって、1から7話が

「全く接点のない正反対な2人がプリキュアになる  →  だんだん仲良くなりつつあるけどどこか一線引いてしまって、友達…?友達…では、ない…?いや友達って言ってもいいのかな…?」状態だったところに

 

「喧嘩をきっかけに言いたい事を言えた  →  離れてみてお互いにお互いが大切な存在だったと分かった  →  仲直り  →  仲直りきっかけに名前呼び」って流れが起こってとってもスッキリ「私たちは友達!」って認識になって引いてた線も、取っ払われた。名前呼びってやっぱり特別なものって感じがするし、観てるこちらも、ああちゃんと「友達」になれたんだなあ…って分かるし今見るとしみじみしちゃう。

 

この話全体の中で起承転結の承ぐらいでかい話じゃない?

 

Max Heart終わりのふたりに「思い出に残ってる出来事ってありますか?」って聞いたら「やっぱあれじゃない?喧嘩した時!」「喧嘩?」「ホラまだあんまり仲良くなかった時!」「ああ…!確かに、そうね懐かしい、覚えてるわ」「あの時初めて渚って呼ばれたのよね!ほのかから♡」「もうからかわないでよ!あの時すっごく緊張したんだから!!」って会話がなされてしまうやつやん(盛大な妄想です)

 

そして、この初めての名前呼び、始めるのがほのかからっていうのがまた良い……!

喧嘩の口火を切るのもほのか、名前呼びを始めるのもほのかで行こうと提案して下さった方100点満点大感謝祭ですお中元を送らせてください。

 

以上2つ目のエモポイント「仲直りからの名字呼び→名前呼び」でした!

 

最後に、

 「行こ!ほのかっ!」

「!……うん!」

で完全に仲直り!

喧嘩を乗り越えてほんとの友達になれたよって話、正直あんまり好きではなかったのですが、ふたりはプリキュア8話でめちゃめちゃ良いと思えました。

純粋な心を思い出させてくれてありがとう。

 

今でも続いてるプリキュアシリーズの原点である「ふたりはプリキュア」、当然だけど渚とほのかの2人がいないと始まらなかった!

15年前6歳だった私はいつのまにか大きくなってしまったけど、やっぱり彼女たちは最高に可愛くてかっこよくて大好きな憧れだった。

 

10月公開の映画も観に行く予定なので楽しみ!

 

 

 

溺れるナイフを観たら大友勝利くんに惚れた話

ずっと気になっていた映画「溺れるナイフ」を観ました( ˘ω˘ )内容は人を選ぶ感じで、私は内容や演出はよく分からないところが多かった。何度か「私は何を観てるんだろう?」と思ってしまったところもあったし…。

でも、一概に苦手な映画だったとは言えなくて、むしろあと何回か観たいなと思える映画でした。キャストの小松菜奈菅田将暉のツーショットが美しすぎて、あの2人をみたくなったらまた見るかもしれない。田舎の海や山やお祭りの背景に2人が映えてて、例えが下手で申し訳ないんですが1シーン1シーンがパソコンのデスクトップみたいだった。(伝われ)

 

それと、あと一つ、また観たいなと思う最大の理由は、大友くん…(ぶっちゃけこちらが本題)。ジャニーズWEST重岡大毅くんが演じてる、コウと夏芽の同級生という立ち位置の男の子。クラスのムードメーカー的存在で、誰とも仲良くなれちゃうおちゃらけ男子で、転校生の夏芽とも結構早めに打ち解けます。

この記事を書くにあたって、1番彼のことを書きたかった!昨日観てからずっと!とっても個人的な事なんですが元々最近ジャニーズWESTにはまりつつあり、重岡大毅くんが好きだった私です。重岡くんの演技が自然なところも含めて、大友くん、君に、私は、惚れた。これは後に自分が読み返してまた溺れるナイフ観たいな〜ってなる為のメモです。大友メモです。

 

大友ポイント(?)まず優しい。夏芽にもコウに対しても友達として心配して、そして心配してるって伝え方も押し付けるんじゃなくて「困ってるなら頼れよ」って言うんだけど嫌味がない言い方。夏芽と久しぶりに会話して、コウの話題になった時「お前はそれでいいんか?」って夏芽を傷つけないような聞き方で、というかまず夏芽に話させてくれるところとっても好感度高いです。

そして、夏芽のレイプ未遂の事件のことを教室でガヤガヤ話す同級生達に「お前らってさぁ、品ないよな」「弁当食う気失せたわ」って言うシーン。普段はおちゃらけてクラスの誰とも仲良くなれちゃうムードメーカー的存在の大友が、冷ややかに、本当に冷たい視線と言葉を言うの……周りも「あ、これはヤバいやつだ」と思う。私はここで、大友は絶対悪口なんて言わないし見られてないからって悪口に同調もしないし、味方でいてくれると確信しました。最高では?大友付き合ってくれ。

 

何だろう、夏芽が心配、笑わせたい、笑ってて欲しいって気持ちが態度とかまなざしとか言葉とかから溢れてて、大友頑張れ!って気持ちと一緒に、ぶっちゃけコウと夏芽より2人を応援してました。

 

そして結局一度付き合う大友と夏芽。映画デートの当日に風邪をひいた夏芽の家にやって来る大友(実際風邪引いてるときに来られたら会わずに帰って欲しいけど大友だから許されるし、すっぴんでも夏芽だから許される)。部屋に通されてとりあえず夏芽が会える状態に髪とか服とか整えてる間、ソワソワ待つ大友、とても可愛い。気にしないようにしても衣擦れの音で意識しちゃうよね。「今脱いでんのかな着たのかな」とか考えちゃうよね、可愛いな〜〜!

 

その後の場面、私は最大の注目シーン!と思ってるところ…。ベッドに座る夏芽と向かいあって床に座る大友。実は前日風邪引くなんて思ってなかった夏芽は、デートのために足の爪にマニキュアぬってて、しかも基本水色?だったかな覚えてないけど、1つだけ大友のことを考えながらオレンジで塗ってた。座る位置もあってか、ちょうど夏芽が体育座りしたら斜め下向いた大友の目にちょうど見える位置にマニキュア塗った爪…そこに気付くんです大友は。一本だけオレンジな事も。「爪…これ一本だけオレンジ」「オシャレさんなんやね」たったこれだけだけど、ああ、好きだなって思えるには十分すぎる瞬間だった。「かわいいな」じゃなく「オシャレさんなんやね」なとこも大友らしいというか…そういうとこだぞ大友。

 

そして、眉毛いじり。どのシーンもだけど大友演技が自然すぎてそれも相まって破壊力抜群なの大変な事ですよ。「その眉毛みせんしゃい(笑)」って冗談で2人で言い合って、「まゆげ!」「望月」「大友!」「望月!」「大友!」「夏芽ぇ!」って笑いあいながらだんだん大友が顔近づけてって、初めてキスする2人。ここ本当見ててキュンキュン来た…2人とも可愛いすぎた。しかも地味に大友くん「夏芽」呼びしちゃって。

これは完全に私の想像ですが、大友ってきっと自分ちの部屋とか風呂とかで『「夏芽」って呼んだら』の妄想してると思ったので、この時名前で呼べて良かったねえ!!!!!!と気分はほとんど母親でした。

 

その後色々あって2人は別れてしまうのですが、夏芽が別れたい、みたいなことを言ったとき「俺は遠距離でもいい」って言う大友。それでも夏芽は「(私のことを)きらいになって…」と言う。それに対して「大好きじゃ…!」って勢い任せて押し倒して言う大友の声と言い方が、切なくて切なくて…。

大友は、夏芽の仕事はよく分からないけど夏芽が頑張りたいことなら応援したくて、好きな夏芽が自分のことで笑ってくれるのが嬉しくて、傷ついているところを見たくなくて、ずっと笑っていて欲しくて、本当に本当に大好きなんだなあって事が伝わってきて胸が苦しくなりました。

 

その後多分心で少し決心がついて、まさかの「おら東京さいくだ」を歌うという。しかもフルで。ほぼヤケクソで、でも東京に戻る夏芽に頑張れよ!!!!!!と伝えたくて歌い切る大友と、そんな大友を見て何か笑顔がこぼれる夏芽。絶対めちゃくちゃ悲しいのに、そこで夏芽が笑顔を見せてくれたからやっぱり嬉しくて、最後は握手で「これで友達や!!!!」

 

いやどこまでもいい人すぎて。

 

私、この溺れるナイフを観たことでまさか大友くんにはまるなんてと大誤算。当初の目的は金髪の菅田将暉だったからね。

本当に最初から最後までいい奴だったよ大友。

君のキスシーンはとっても甘酸っぱくて初々しくて切なくて、青春の夏って感じだったよありがとう。

本当に本当に本当に幸せになってほしい。

そして大友を演じた重岡大毅くん、演技が自然すぎて破壊力抜群でした、田舎の風景とハーパンTシャツタオルとアイスと日焼けと自転車めっちゃくちゃ似合うな!褒めてるよ!!大友演じてくれてありがとう!!!

 

以上、溺れるナイフを観て大友勝利くんに惚れた話でした。

 

 

 

 

 

昭和元禄落語心中

 

雲田はるこの「昭和元禄落語心中」全巻読んだので、1番気になった「信之介の父親」について整理します。

 

ずっとヤクザの親分さんが信之介の父親だと思い込んでいましたが、最後の最後に八雲のような描写がありました。信之介の父親が誰かということについては、それは八雲だと思います。

小夏は八雲のことを殺したいとまで恨んでいたのに何故…?と納得し難かったのですが、よくよく考えるとこじれすぎた恋心なのかな?とも捉える事ができる。

 

色んな方の解釈を読んで1番しっくりきたのが「小夏から、半ば脅しをかけながら関係を持った」説。

小夏の性格上基本的に素直じゃないこと、「アンタを殺してやる」とまで言うことから、多分「あたしに子どもが出来ればその子は助六と八雲の血を引く子だ」って言ってそう…と考えたんですがよくわかんないな。

まとめようとしたけどまとめきれていないという…

八雲はあまり深く考えていなかったような感じがします。みよ吉さんとも流れでそう言う関係になったり、性については自由な人っぽい。小夏も娘という肩書きではあるけど、八雲にとってはみよ吉と助六の娘で、その子と関係を持つってことはまずみよ吉助六の2人を「殺してしまった」罪に罪を重ねるような気持ちだったんじゃないかと思います。

八雲も気難しく素直じゃないですが、小夏を2人の娘として可愛いと思う気持ち、自分の娘として可愛いと思う気持ち両方とも持っていたはず。割合的には7:3ぐらい 可愛いという表現も正解じゃない気もしますが…。

 

 

映画サイレントヒル

2006年に公開された映画「サイレントヒル」をDVDで観ました。ゲーム原作ということと名前聞いたことあるな…と気になり借りてみました。

 

全ての出来事のはじまりである、魔女狩りで酷い仕打ちを受けたアレッサの復讐の物語…という印象でした。何の因果か導かれ、サイレントヒルへやってくるシャロンとローズ。いなくなったシャロンを探しサイレントヒルを彷徨うローズは不可解な出来事に巻き込まれる。紐解いていくうちに、シャロンと瓜二つのアレッサという少女が深く関係していると分かってくる。…封鎖された街であるサイレントヒルには、魔女狩りが存在していて、住民が皆魔女を排除しようとしている。

 

この映画、よくわからない真っ黒焦げの化け物が襲って来たり頭部が大きな刃物になっている男が襲って来たり、火あぶりで殺されるシーンなどホラー要素で怖いところはもちろんあったのですが、1番怖かったのは住民の信仰心です。

サイレントヒルのなかで唯一教会だけは化け物に襲われるといった怪奇現象がおこらず、安全な場所だった。教祖様のような女性のことを皆信仰しており、彼女が「こいつは魔女だ」といえばその人は魔女になる…いくら抵抗しても多勢に無勢です。恐怖に陥って頼るところがなくなったら人は、何か信じるものをつくって救われようとする、仕方ないことだけどそれが集合すると怖い。私達が間違っていると感じることも彼らにとっては正しい事なのだから、信じる事で救われるのだから。信仰は狂気と紙一重だと感じました。

 

また、「子供にとって母親は神のようなもの」というセリフがあり、これも、最もな事ではあるのだけど、私は少しゾッとしました。ローズの手助けをして、味方だった女警官のシビルは火あぶりにされ殺されてしまいますが、彼女も死の直前に「ママ、そばにいて」と呟きました。母親は子供にとって神のような存在…うーーん…これ、色んな作品に当てはまりますね。私が観ていた作品ですが、塔の上のラプンツェルだって砂の塔(ドラマ)だって、そうではないでしょうか…。

 

話を戻します( ˘ω˘ )

サイレントヒルのなかで手掛かりをみつけ、真実に辿り着くローズたち。最終的には何も悪いことはしていない自分を魔女だとして酷いことをしてきた教祖様と住民を殺し、アレッサの復讐は幕をおろしました。ここは満場一致でスカッとでした。そしてシャロンとローズはサイレントヒルを出て、家へと帰ります。……

 

ここで、私、ん??????ʕʘ‿ʘʔ2人が家に入ったところで場面が切り替わり、パパが映ります。パパは2人の帰りを待っています。………2人は確かに家に帰ってきたはずなのに??

玄関のベルの音がしてパパは玄関へ向かいますが、誰もいません。とここで物語が終わります。

 

もやもやして消化できずラスト解説してあるブログに頼りました。頼って整理した結果、薄々思ってはいたけれどパラレルワールドのようなところにローズたちはいる、という事で収まりました(笑)

まずパパがローズ達を探しにきたサイレントヒルと、ローズとシャロンが迷い込んだサイレントヒルは別物。ローズとシャロンはそのまま、霧がかかった街の自宅に帰ってきた…。

ではなぜ戻れなかったのか。シャロンが気絶する前、自称死神の女の子と目を合わせたことで一体化してしまった。目覚めてローズに手を引かれて帰るシャロンはもう純粋なシャロンではなく、あちらの世界のものが取り入ったシャロン。だからパパのいる世界には戻れなかった?それか、やっぱり「母は子供にとって神のようなもの」で、ローズに執着した自称死神の女の子が帰さないようにした?

 

また施設でローズがシャロンを選んだところから、それ以上もう何年何年もずっと前からすべての出来事が決まっていたような感じもして、某作品の某キャラクターの受け売りですが「偶然はない、あるのは必然」ってこういうことかな、とも思いました。

 

うーん、難しい〜〜( ˘ω˘ )

解説を見てみると、ローズを襲った化け物達にも意味があるらしく、細かいところまで設定がしっかりしてるなと思いました。ゲーム原作だからかなぁ。よく分からなかったところもあるんですけどね(笑)すごいな、また何年かして見てみたらまた違う感想がもてるかもしれません。

 

 

 

 

映画グラスホッパー

こんにちは( ˘ω˘ )

WOWOWで放送された映画の「グラスホッパー」を観ました。2015年公開、もう2年も経ってるなんて時の流れは早い…。公開当時は映画を観に行けない代わりに原作を読みました(笑)

ということは原作を読んだのも2年前なので、ほとんど内容もキャラクターの名前も忘れてました。蝉がかっこよかったというのは覚えてましたが…( ˘ω˘ )

 

実際映画と小説は違うところが多かったですね。終わり方も映画は「あなた(鈴木)には復讐なんて似合わない」ってちょっとハッピーエンド?な感じでしたが、小説は鈴木も幻覚を見始めたんじゃ…?と思わせるようなゾクッとする終わり方だった気がします。

 

蝉はやっぱりかっこよかったです(贔屓目では決して無い)。山田涼介くんのキャスティング合ってる!と思う。岩西という情報屋と行動を共にしてるナイフを使う殺し屋なんだけど、仕事の後は必ずしじみを買ってぷくぷくなるのを見るのが趣味…と可愛い。可愛いというとちょっと違うけど、「しじみは泡が出るから、生きてるって分かっていいよな」「人間も泡が出れば、生きてる意味が分かるのにな」と殺し屋ではあるけど、純粋な子なのかなぁと思った。

岩西が「雇い主に向かって生意気な口聞いていいと思ってんのか」と言った時、「俺とあんたは相棒じゃねえのかよ」と言うんだけど、個人的にとても好きなシーンでした。

岩西が殺され、「自殺屋」の鯨に仇討ちしに行ったときに「俺が今考えてんのはな、たった1人のダチの事だよ」とも言っていて、蝉にとって岩西は大事な存在だったんだなってことが分かった。

 

ここまで蝉の事ばかり書いてきましたが、正直蝉と岩西のくだりが1番印象的で、それ以外があまり印象に残っていないのです…( ˘ω˘ )

 

登場人物が多かったので、パッと見てこの人だ!とあまり分からず(笑)これは自分が覚えられないからなのですが、鯨と岩西がどっちなのか分からなかったです(笑)

誰が味方で誰が敵なのか頭がこんがらがってしまいました。ただ、裏社会、殺し屋、本名ではない名前(蝉、鯨など)、復讐などの世界観とキャスティングはとっても良い!◎◎◎と感じました( ˘ω˘ )

 

ずっと観てみたかったので観れてよかったです。