読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃とあひるとエブリデイ

いろいろな感想。語彙力を増やしたいな

クズの本懐 3話の感想

猪野広樹 ドラマ クズの本懐

まず今期ドラマで1話から観てるのが

・奪い愛、冬

クズの本懐

の2つなのですが、2つともドロドロの恋愛ドラマです。ドロドロ昼ドラ系なドラマ大好き(笑)

 

クズの本懐は原作の漫画は読まずにドラマから観てます。アニメも今放送してるみたいですが観てません。ブログを始めた今日ちょうどよく(?)フジテレビオンデマンドFODのアプリをダウンロードしたので、2週目回ってきました(笑)

 

前置きが長くなりましたが3話『意味深な笑み、微かな匂い』の感想(もちろんネタバレ有り)( ˘ω˘ )

・前回花火に告白してしまったえっちゃんと、告白された花火がそれぞれ振り返るシーン…えっちゃんはずーっと花火のことが好きだったって事が分かった。「なんで粟屋なの」「あたしでいいじゃん…!!あたしでも慰められるかもしれないじゃん!!!」泣きながら伝えてた言葉が、すっごく切なかった。

・一方でえっちゃんのことはずっと親友だと思ってた花火。以前クラスの男子?から告白されたけど「興味のない人間から受ける好意ほど、気持ちの悪いものってないでしょう?」ってこれでもかってぐらいバッサリいってる…これを思い出して、「知らなかった」「他人から受ける好意がこんなに重いなんて」

というか花火もモテるんですね!いい子だしそうだよな〜。親友だった友達から告白されて、この2人もこれから先今までと同じようにいれるのか…すごく気になります。

・麦の家での花火の台詞「あたし、麦のこと好きになりたい」も切ない。そうなれば楽なのに。やっぱりどうしようもなくお兄ちゃんの事が好き。うーんクズの本懐観ると、毎回のように本気の恋してみたいな…とキャラたちが羨ましくなります。

・麦と花火がファミレスで食事していると、皆川先生とばったり会います。なんと男連れ…麦ショック😳この男がタクヤ(猪野広樹)。チャラい男でした。先生は(多分花火に向かって)「お互い、内緒で」と言って去っていく

・お兄ちゃん本命じゃないじゃん!と喜ぶ花火とめっっっっっちゃ複雑な麦

◎猪野広樹さんが好きなので、ちょっと私情が入ります◎

・クズな役とっても良いです(本音)

・誰?と聞いて「生徒さんだからちょっと先に行ってて」と言われて「やだ」と返すタクヤ。この「やだ」の言い方が個人的にベストオブタクヤのセリフ(片仮名多い)

・「ストレス溜まってるでしょ…ガキの子守りで」「久しぶりに癒してあげる」悪い顔しながら先生を誘うタクヤ。「そんなつもりじゃなかったんだけど…明日も朝早いのよ」と返す先生だけど、カメラ移動してくとあら足絡ませてる!そしてタクヤの「相変わらず嘘つきだねえ…せーんせ」ファー大人ーーーー!!!

・猪野くん、クズな、というかチャラいけど大人びててやる事やってるすこしブラックなキャラの演技とってもハマっててかっこ良かった。クズだけどかっこいいと思った…しかもなかなかのやり手な感じがした…女の扱い慣れてる感のタクヤ最高でした(笑)

・今後もちょっと出てきそう???期待ですドキドキ( ˘ω˘ )

 

・先生の事をあんな女呼ばわりされ、麦的にはイライラしていて「お前に茜さんの何が分かるんだよ」と花火を突き放してしまう。花火は花火で、秘密を共有しているし色んな表情だって見せてる麦とは分かり合えた気がしていた…だけど麦はそうではなくて。分かってはいたけど、って感じかなあ。

・花火は放課後廊下で先生と会い「昨日一緒にいたの、彼氏?」と聞く。聞くっていうより問い詰めてた。友達ですって言われたけど、花火はこの女自分がお兄ちゃんの事好きなことも知ってて色々わざとやってるんじゃ…?と疑いと警戒心が混ざったような顔で睨む。

 ・タクヤのシーンとラストのこの↓シーンが3話2大好きなシーンです( ˘ω˘ )

・ラスト、先生が横を通り過ぎていくとき「昨日と同じ服を着てること」と「髪から煙草の匂いがしたこと」に気づく花火。先生の方からのカメラアングルになって、微笑む先生…サブタイトルの『意味深な笑み、微かな匂い』ですね!スローで流れる映像にもゾクっとしました。

・きっと先生は全部気づいているような気がします。自分の可愛さもそれをどう使えば男が落ちるかも全部知ってる女ですね…こえ〜〜〜

 

◎3話も面白かった!物語が本格的に動き出すって感じがしました。先生は本性を現すのか…えっちゃんと花火の関係はどうなるのか…タクヤの出番はまだあるのか…気になる事はたくさんです( ˘ω˘ )

次回予告で一瞬先生とセッしてたのは誰なんだろう?お兄ちゃんなのかな??

とりあえず書きたいことは書けた!(笑)とても長くなってしまったなあ( ˘ω˘ )桃

 

では◎