読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃とあひるとエブリデイ

いろいろな感想。語彙力を増やしたいな

映画グラスホッパー

映画

こんにちは( ˘ω˘ )

WOWOWで放送された映画の「グラスホッパー」を観ました。2015年公開、もう2年も経ってるなんて時の流れは早い…。公開当時は映画を観に行けない代わりに原作を読みました(笑)

ということは原作を読んだのも2年前なので、ほとんど内容もキャラクターの名前も忘れてました。蝉がかっこよかったというのは覚えてましたが…( ˘ω˘ )

 

実際映画と小説は違うところが多かったですね。終わり方も映画は「あなた(鈴木)には復讐なんて似合わない」ってちょっとハッピーエンド?な感じでしたが、小説は鈴木も幻覚を見始めたんじゃ…?と思わせるようなゾクッとする終わり方だった気がします。

 

蝉はやっぱりかっこよかったです(贔屓目では決して無い)。山田涼介くんのキャスティング合ってる!と思う。岩西という情報屋と行動を共にしてるナイフを使う殺し屋なんだけど、仕事の後は必ずしじみを買ってぷくぷくなるのを見るのが趣味…と可愛い。可愛いというとちょっと違うけど、「しじみは泡が出るから、生きてるって分かっていいよな」「人間も泡が出れば、生きてる意味が分かるのにな」と殺し屋ではあるけど、純粋な子なのかなぁと思った。

岩西が「雇い主に向かって生意気な口聞いていいと思ってんのか」と言った時、「俺とあんたは相棒じゃねえのかよ」と言うんだけど、個人的にとても好きなシーンでした。

岩西が殺され、「自殺屋」の鯨に仇討ちしに行ったときに「俺が今考えてんのはな、たった1人のダチの事だよ」とも言っていて、蝉にとって岩西は大事な存在だったんだなってことが分かった。

 

ここまで蝉の事ばかり書いてきましたが、正直蝉と岩西のくだりが1番印象的で、それ以外があまり印象に残っていないのです…( ˘ω˘ )

 

登場人物が多かったので、パッと見てこの人だ!とあまり分からず(笑)これは自分が覚えられないからなのですが、鯨と岩西がどっちなのか分からなかったです(笑)

誰が味方で誰が敵なのか頭がこんがらがってしまいました。ただ、裏社会、殺し屋、本名ではない名前(蝉、鯨など)、復讐などの世界観とキャスティングはとっても良い!◎◎◎と感じました( ˘ω˘ )

 

ずっと観てみたかったので観れてよかったです。